自転車の事故に備える

自転車

近年、自転車の事故が増加しています。自転車と車というパターンだと自転車は被害者になりますが、自転車と自転車、自転車と歩行者だと加害者になってしまいます。自転車と歩行者の事故だと、過失相殺が一切行われず、過失は百パーセント自転車にあることになってしまいます。このような事態となると補償金額も莫大なものになりかねません。このような事態を避けるためにも、自転車保険への加入がおすすめです。自治体によっては、自動車保険同様、自転車保険への加入も義務づけられるようになってきました。自転車保険は、事故の際、相手の怪我に対する補償と示談代行、自分の自転車が故障したり事故で壊れたりしたときの補償、故障したときのロードサービスなどが一般的なサービス内容です。会社により含まれているサービス内容は異なります。掛け金は安いことが多く、月額300円から1000円程度で加入できます。年払いにするとさらに安くなることも多いです。また、自転車は家族全員が乗ることが多いため、一つの自転車保険で家族全員の事故や故障に対して補償してくれるものもあります。自転車保険を選ぶのならば、対人賠償額が一億円以上あるか、示談代行があるか、故障時の補償があるかなどに注意して選びましょう。また、自転車で遠方まで行くことがある場合は、ロードサービスもあると便利です。運転者が高齢の場合、事故リスクが高くなるため加入できないこともあるので、加入できる保険を探しましょう。